スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大森岳

2012年10月14日
小林市須木村方面から大森岳へ
国道265号線を小林市内からすきランド前を通過し
西米良方面へ走る、しばらくクネクネ山道を走ると輝嶺峠に
そこが大森岳へつながる分岐点

DSCF0190.jpg

ここからは未舗装の林道を約40分程走ると登山道入り口に到着します
しかし、途中登山口の標識が2つあるが、2つ目の標識を過ぎてからは
かなりダートな道となります

DSCF0198.jpg

普通車ではまず無理です、ランクルなどの大型の四駆も危険ですよ
所々山肌が崩れて道幅も狭くなっています、ジムニーなどが最適ですね
ちなみにエクストレールでいっぱいいっぱいでした

DSCF0209.jpg

登山口の前は車5~6台は止められるスペースがあります
ただ残念な事にやたらゴミが多い気がしました

DSCF0214.jpg

登り始めから結構な急登です、毎回登り始め5分、10分がキツイ
途中この山はやたらと猿の腰掛が多い事、それも結構大きい

DSCF0224.jpg

DSCF0229.jpg

3つ程のピークを越えると、1時間30分程で頂上に到達します
短時間で登れますが、登山口までに3時間ほどかかってますけど・・・・

DSCF0235.jpg

頂上での眺望はほとんどありません、北側に米良の山が少しだけ見える程度です
頂上は5m四方ぐらい草木がない状態ですが、周りの木が結構伸びたのかな~?
↓ こんな感じ

DSCF0244.jpg

帰りは、すきむランドの”かじかの湯”に浸かり極楽気分で帰路に

DSCF0246.jpg






スポンサーサイト

秋の甑岳

秋の風が心地よくなってきましたね~
今日は、快晴!秋晴れ!ウキウキします、
それなのに相棒は法事・・・しかしじっとはしてられない
そこで、単独で秋の甑岳に登って来ました
秋の火口湿原がとても気になって、、、ススキの状態はどうなってるだろ・・・
綺麗なススキ畑になってるかな・・・・って

到着して感動、秋色なススキ畑
DSCF0133.jpg

DSCF0134.jpg


DSCF0142.jpg



DSCF0144.jpg

湿原の中心の湿地の周りには前回来た時にはなかった
リンドウの花がとても愛らしく咲いていました

リンドウ1

リンドウ2

その近くにはヤマラッキョウの花も

DSCF0146.jpg

癒されますね~

赤とんぼもお出迎え

DSCF0173.jpg

空気がおいしい!!とてもすがすがしい!!
気持よい!!

DSCF0159.jpg

最後に韓国岳をバックにタイマー撮り

DSCF0161.jpg









斟鉢山(くんぱち山) 宮崎市

宮崎市内中心部より車で40分程の場所
加江田渓谷をめざし車を走らせます。
この渓谷の駐車場から、川沿いの道を約1時間程歩くと

IMG_1974.jpg

平成登山道入り口に着きます。

くんぱち1

標高500mと低い山・・・となめてましたが・・・・
山頂到達までに6時間もかかってしまいました、、、、
天候うす曇、体感湿度70%体感温度32度、無風
とこの暑さにもやられましたが・・・
アップダウンのあるなかなかハードでトリッキーな山です
できれば夏を避けたかった・・・・と後悔。。。
しかし楽しく登れる良いコースです・・・強がり。。。

IMG_1989.jpg

途中、赤松展望で昼食を摂り、汗だくで山頂へ到達、6時間。。。

くんぱち2

山頂からは木花運動公園から北側シーガイヤの海岸線が見渡せます

IMG_2026.jpg


過去最高の時間です、、、暑さで休憩も多かったですが
午後3時10分、早く降りねば日が暮れる・・・とそそくさと下山
下りは、かえで橋方向に下山、かえで橋は流されて橋は架かっていないが、
浅瀬を歩いて渡る事で下山です
さすがに夏の午後4時30分でも山の中は薄暗い、、、飲み物も残り少ない
やはり夏は飲み物大目に必要ですね、今回2Lの飲み物でしたが、足りません
最低3Lは必要かな・・・
下山は2時間程で降りました、かなりバテました
今回は色々反省の多い山行でした。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





行縢山(むかばきやま)

2012年7月15日 延岡市の行縢山に登ってきました
標高は834mと低山ではあるが、川沿いの登山道を緩やかに登る
とても気持ちの良い山でした

2012-07-15 09.55.16

天気は晴れのち曇り、湿度メチャ高、これが川沿いの登山道でよかった、
涼風が心地よく川の水が冷たい、時より頭を川の中へ突っ込む、ヒャ~ッ!!

2012-07-15 10.15.13

途中、滝見橋から右手に行縢の滝が見える、絶景です水量も結構なものです

2012-07-15 10.24.57

しばらく登ると、滝へ行くルートと頂上へ行くルートの分岐がある
滝へは5分とあるが、2~3分ほどで行ける

120715_1436~001

真下から見るとまたすばらしい、マイナスイオンに包まれているような
心地よさです

120715_1448~001

約2時間ほどで頂上へ到達

120715_1304~001

行縢1

眺めはすばらしいです、ですが今回雲に覆われて絶景が見え隠れでした

下の写真、後は絶壁ですが雲でわかりませんね
ちじみあがりました、(^^;


120715_1321~001


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



龍房山(りゅうふさやま) 西都市銀鏡

2012年5月27日 龍房山へ

今回も西都市の山へ、銀鏡(しろみ)地区の山 標高1020m

宮崎市内より米良街道を北上し、銀鏡地区方面へ右折20分程で”山の駅銀鏡”へ

IMG_1880.jpg

ここを右折して橋を渡りしばらくすると、ゆず工場、銀鏡神社、銀鏡中学校のカンバン

IMG_1883.jpg

IMG_1884.jpg

この橋を渡り、すぐに分岐になる

IMG_1885.jpg

ここを、みねごし林道方面へ左折する

IMG_1886.jpg

ここから5分ほどで左手に龍房山登山口入口のカンバンが・・・草に覆われていて見逃す所でした

IMG_1887.jpg

IMG_1888.jpg

ここから、ワダチある未舗装の林道を走ること10分 普通車ではちと厳しいです・・・

IMG_1893.jpg

山頂の矢印

IMG_1898.jpg

車はここから先通行出来ませんでした

ここに停車し、ここからスタートする事に・・・準備を始めるとすぐに山ヒルのお出迎えが・・・・

ここの所、梅雨のはしりの雨が降ってましたからね、それに北斜面側と言う事もありジメッとした感じ

感じでなくジメッとしてますからね・・・

IMG_1899.jpg

しばらくこの作業用林道を歩く

IMG_1925.jpg

途中、2月に登った烏帽子岳を左手に見る

龍房山1

何箇所かこの林道を塞ぐように崩れたガレ場を通り

IMG_1902.jpg

約15分程で登山道入口に到着

龍房山2

登り始めはいきなりの藪コキ・・・とジメッとした感じ・・・・

IMG_1905.jpg

しばし杉林を登り、尾根道へ

IMG_1906.jpg

さすが米良の山、急登・・・・急登・・・

IMG_1908_20120527215157.jpg

自然と休み休みに・・・・1時間かけて5合目到達

龍房山3

さらに急登はつづく

IMG_1913.jpg

途中みつけた鳥の巣、なんの鳥でしょうね・・・巣立った後ですが・・・

IMG_1917.jpg

山頂かと思わせるピークを登り、・・・違う・・・また下りが・・・

そして登り・・・あと5分のカンバン

IMG_1919.jpg

2時間かけてようやく山頂到達

龍房山4

眺望はまったくなし・・・寂しい・・・・

でも達成感で満足!!

ここでいつもの食事を済ませ、そそくさと下山

下山は1時間程、すべり落ちるように・・・・(^^;

今回、この山は途中の眺望もあまりなく寂しい上に、

山ヒルのお出迎え、熊蜂・ヘビにご挨拶、そしてダニの歓迎会と

梅雨入り前の山行となりましたが、ミツバツツジの豊富さで

4月下旬はとても綺麗な事と思われます。


ランキングに参加しています
 ポチット クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村










プロフィール

ただきち

Author:ただきち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。